楽譜が読めない?その前に・・

楽譜が読めないから弾けない・・、

楽譜を見ないで弾いている・・、

「楽譜」を読めるようになって欲しいという声がよく聞こえてきます。

当教室では発表会に向け、1月〜3月にかけて、楽譜の理解力アップのための強化月間としています。

楽譜を読むためは、まず、音符と実音が結びつくように覚えることが必要です。

「ド」といえど、高さがさまざまな「ド」があります。

そして、

「リズム」の概念。

「音」と「リズム」が結びついて、

メロディとなります。

*音符カードやドリルを使用して、音符と音を結びつけ、

リズムトレーニングでリズムを覚える。

あとはスピード。

楽譜を読むことは訓練でもあり、

初見でメロディを歌ったり、弾くことを行います。

定期的に行うことで、着実に力になり、譜読みのスピードアップに繋がります。

週1回のレッスンの他でピアノに触れるために費やす時間の多くは、「練習」。

この「練習」の時に、音符を読むところからリズムを確認すること、自ら楽譜を読む姿勢を身につけることが非常に重要でもあります。

思考力。

これがとても大切で、

楽譜がわからなかった〜と言う生徒さんに、ひとつずつ音を読んでもらい、少しずつ考えた音を弾いてもらうと理解している・・

どうやら、楽譜が黒くて(音符が多く)難しそうなので、レッスンまで面倒くさくて放置している・・なんてこともかなりあります。

ぜひレッスン以外の練習の時に、丁寧に楽譜を読むことを意識してみてください。

お子さまが難解にしている様子でしたら、ひとつずつ、「これは何の音?」丁寧に聞いてみてください。

こういった、積み重ねもとても大切です。

タイトルの通り、

楽譜が読めない?その前に・・、

少し時間をかけて丁寧に楽譜と向き合ってみてください。