11/25 BGMピアノ演奏を担当しました

レストラン 広尾シェモルチェさんでピアノ演奏を担当させていただきました。

ご来店いただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

11月21、23日の2日限定で、
広尾プラザ、広尾でフランスフェアが開催されました。

シェモルチェさんでは、フランスにちなんだ特別メニューを提供しており、
お食事を楽しみながらお聴きいただく、
BGM演奏を行いました。

シェモルチェさんには、ベーゼンドルファーのピアノがあります。

演奏してみたところ・・

よく響く・・とは少し違うのですが、

重みがある音がはっきりと聴こえる、
という表現の方がわかりやすいでしょうか。

ソリストがコンサートでかなりしっかりと演奏するためのピアノだけあって、
「鳴るピアノ」でした。

お客様の方から音を聴くと、
丸みのある音色に聴こえるのかと思います。

これまでベーゼンドルファーを弾く機会は
あまりなく、
豊かで品のある音色(おんしょく)を楽しみながら演奏させていただきました。

フランスフェアということで、フランス映画

白い恋人たち

愛の賛歌

男と女

シェルブールの雨傘

薔薇色の人生

etc…

クラシックは、

フランスの作曲家、ドビュッシー、サンサーンス、プーランク、ラヴェル・・。

他、お客様のお食事のタイミングに合わせて即興演奏を挟みながら、

ムーンリバーやレジェンドオブ1990、クリスマスソングをアレンジして、演奏致しました。

お食事は・・

丁寧で素材の味が生きている手間の込んだ丁寧なお味です。
集中して仕事をしたり、楽譜を書くためにシェモルチェさんへ行き、
お食事をしますが、ホテルに勝るお味です。
支配人さんはじめ、スタッフの皆さんのサービス。
常連さんがいらっしゃることが頷けます。

窮屈さがある昨今ですが、
ピアノの音色で心を柔らかく、
大切な方とのお食事が充実したひと時になるように、
心を込めて演奏させていただきました。

お客様みなさま、BGMにも関わらず
あたたかい拍手をくださったり、お帰りの際にお声がけいただき、こちらが暖かい気持ちになりました。

音楽がコミュニケーションのきっかけとなることは、私にとっての目標であり、夢でもあります。

シェモルチェさんのサロンのような雰心地良いおもてなしがあるからこそ、
あたたかいお客様、人が集まってくるのだと実感しております。

また皆さまに、演奏をお届けすることができるよう、日々努力していきたいと思います。

このような貴重な機会をありがとうございました。